メンズライクなビンテージ要素をプラスした住まい

アイアンの手摺を施した階段やアンティーク風の扉、グレーかかった床材など、海外のビンテージテイストを生かした素材や色彩を上手く組合せた内装デザイン。 暮らしに馴染むインテリアがビンテージテイストを引き立てています。棚をつくり付け、多彩な収納スペースも確保しました。


家族で暮らしを愉しむ住まい

玄関には、ベビーカーや、スポーツ用品等もしまえる大容量のシューズクロークを設置し、すっきり片付きます。LDKにも大容量の収納を設ける事で、生活感を抑えたすっきり片付く空間をキープ。お子さんたちが元気いっぱい遊べます。リビングにも洗面を設置する事で、お子様の手洗い・歯磨き習慣も見守れます。どこにいても家族の気配が感じられる、家族で愉しむ家が完成しました。


収納充実の住まい

日常の風景が美しく映えるよう奇抜なデザインは避け、できるだけ普通に無駄のないように計画しました。 壁面を利用した大容量の収納で、それぞれの部屋がより広く使用でき、生活のいろいろなものがすっきりと片付きます。 大切なのは、収納の広さだけでなく、設置する場所と取り出しやすさ、使いやすさです。 単に収納スペースを設けるだけでなく、間取りや生活の動線まで考慮した収納と、 ご家族それぞれの暮らしや家事の習慣に合った、片づきやすく暮らしやすい住まいを実現しました。


シンプルな空間と暮らしを楽しむ住まい

動線や視線の抜け、風の通り、太陽の光を上手に導き収納の工夫や、建具をうまく使うことで、暮らしの必要を詰め込んだ豊かな空間、心地よい居場所をつくることができました。 住まいの中に、たくさんの心地よい居場所をつくること、それは暮らしの中にゆとりを与えてくれます。 本当に住まいに必要なもの。日々の暮らしの豊かさ、を考えさせられるお家になりました。


木のぬくもりを感じる住まい

大切なお客様をもてなす時間も、家族と過ごす団らんのひとときも、 木の持つ温もりを感じながら、心地よく過ごせる落ち着いた空間となりました。 暮らしを愉しみ、家族の時間とともに成長し続けるお住まいとなりました。天井の 梁をリズミカルにあしらい空間の奥行きを演出しました。


個性と心地良さを持つ住まい

対面キッチンには、タイルをアクセントに取り入れ、軽やかさのある温かな雰囲気に仕上げました。カウンターには使い勝手のいい棚をつくり付けて、散らかりがちなテーブル周りもすっきり片付きます。 階段には、アイアン制の手摺をつけました。あえて、異素材を組み合わせ、モダンな雰囲気を演出。また、引き戸を多用し、廊下の空間を広く使っています。造作棚を随所に取り入れ、収納スペースもたっぷり確保しました。


家族の和と機能性のある住まい

内装のスタイルにあった、造作家具で、魅力ある空間が出来上がりました。階段壁面に収納・飾り棚を設置しデットスペースを有効活用。キッチンからはリビングを見渡せ、家事をしながらでも子供に目が届き、家族の気配がいつも感じられます。


シンプルモダンな住まい

敷地を活かしたLDKは実際の建延面積以上に奥行きを感じる空間に仕上がりました。上部吹抜と照明配置、フローリングと壁面カラーのコントラストが調和した、圧迫感の無い空間です。また道路に面した開口部分は枠のないタイプを採用。すっきりした印象を与えます。水廻りは、自然光が差し込み、清潔で女性らしい空間に。収納も多く、実用的に仕上げました。カゴを使って洗濯機周りの日用品を収納できるオープン棚はライフオーガナイザーのアイデアです。


安心感と安らぎに満ちた住まい

天窓を取り付け、自然の光と解放感あふれる空間を実現しました。梁を露出させて天井高を確保しました。照明のデザインは住空間を豊かに演出します。レール型の照明を用いて明りを活かした表情豊かな空間ができました。玄関には、大容量の収納を設置して、散らかりがちな玄関をキレイに保ちます。


明るく家族が集う住まい

まるで都会のカフェのような、明るく清潔感のある空間が誕生しました。照明は高さを抑えたシーリングライトに加え、天窓からの明かりを補うライトを追加。キッチンは空間を広々使うためにあえて対面キッチンでなくI型キッチンを採用しました。LDKは、天井、クロス、フローリングをすべて同系色で統一した飽きの来ない空間は、どんな家具を配置してもマッチする使い勝手の良い造りです。


心和む安らぎの住まい

天窓を設けて、光を取り込み、明るく安らぎに満ちた空間に仕上げました。カウンターはダイニング側に棚を設けて書籍や雑貨を飾るコーナーに。壁面にはニッチを設けて、 インテリアのアクセントとして雑貨をセッティングしたりして楽しんで頂けるように設計しました。


調和のある住まい

建物はお施主様の個性を尊重し、景観を活かし、美しく、住みやすく安全で、なおかつ温かみを兼ね備えていなければならない。
ステイタスを感じる左京区の街並みに生まれたこの1邸は、まさにそんなHARU建築事務所の住まいへの想いを体現した1邸と言えます。
室内はクロスでなく風合いのある塗壁を、床材には肌触りのよい桜の無垢材を用い、テラスは道路から眺められる、まさにオープンカフェのたたずまい。
夜間は景観にも配慮した照明計画で街並みを活かす設計です。
これから住まいづくりをはじめるなら、こんな家に住んでみたい。多くのお客様にそう思って頂けるように建てた、HARU建築事務所の神髄とも言える1邸です。


パリの風を感じる店舗

歴史ある京都の街並みと調和しながらもどこかパリの風を感じる佇まいの「ビストロ バール ア ヴァン セー 」様。 トリコロールが映える白い建物を1歩入ると、そこは全4フロアからなるパリの風を感じるスタイリッシュな空間。各階ごとに「販売」「食事」「バー」「コミュニティ」とテーマを設け、それに沿った造りに仕上げています。住宅でも店舗でも、HARU建築事務所の<<住まいづくり=空間づくり>>の精神にはブレがありません。お店を出たあと、なんだか心に残る居心地の良さ、それは素材や工法、仕上げ、設備に到るまで深く深く計算された建築士の想いが込められているからこそ生まれたものです。
パティスリー「シトロン・サレ」からワインも愉しめるビストロへと生まれ変わったこちらのお店、ぜひ一度、足をお運びください。


アクセントツリーが印象的な住まい

シンプルすぎず、モダンすぎずを主題にする住まいづくりの中で生まれた1邸。
メタリックなFIXだけでも、あるいは外構のシンボルツリーだけでも、
いずれかに偏った印象になります。
調和をテーマとした住まいづくりにおいて、偏りはタブー。すべての要素をバランスよく違和感なく配置し、スタイリッシュな中にも温かみのある住まいを建築しました。


間口の広さを活かした住まい

どっしりとした印象の、広い間口の1邸。
淡いブルーベリーカラーの外壁と、日本古来の青海波を思わせる芝生の外構が予想もしないフュージョンを生み、個性的ながら主張の過ぎない住まいが出来上がりました。植樹や格子に建築士とお施主様双方の想いが反映された住まいです。


優しさを感じる住まい

お施主様のご希望に沿って、腰壁にはピンク系のカラーリングでひときわ優しい印象に。門袖にもアールを付けてソフトな印象に仕上げています。
室内は壁面や階段部分にはセンスよくニッチを設け、インテリアのアクセントとして雑貨をセッティングしたりして楽しんで頂けるように設計しました。


開放感を意識した住まい

街を見下ろす高台に誕生したこの邸は、広いウッドデッキからの眺望とその開放感にこだわって設計されました。リビング直結のウッドデッキでは気兼ねなくバーベキューを愉しむことができ、広々とした眺望が日々の疲れを癒してくれます。
また2Fにはインナーバルコニーを設け、光も風も満喫できるように仕上げました。


ハーモニーが活きる住まい

縦にすっきりと開かれた開口部とプライバシーも確保するエントランスの縦格子、タイルとサービスヤードに通じる部分に設けられた木柵、それぞれヴァーティカル&ホリゾンタルなハーモニーが、主張し過ぎない個性を発揮しています。


緑が映える住まい

緑が映える、緑が活きる、緑を暮らす。
植物は目にやさしいだけでなく、呼吸し、四季の表情を見せます。
ガーデングリーンに愛着のあるお施主様のために、この邸は自然の緑をふんだんに用い、リビングからも生き生きとした植樹が見渡せる設計にしました。建物もそんな自然との調和を重んじ、ブラックを用いずウッディなブラウンをアクセントに。飽きの来ない、上品な1邸です。


木と共に深呼吸する住まい

もっと木のぬくもりを感じたい。
そんな、まさしくHARU建築事務所とベストマッチングなリクエストに応えるためのマンションリフォームを施工しました。
木の腰壁を新設した他、実用性の高い収納を設けて、これまでの不満を解消。
レール型照明を採用し、デザイン上のバランスもとっています。バスルームもユニットバスを入れ替えることにより、永住に足る快適さを創りあげました。


吹抜けが主張する住まい

ゆとりを感じる敷地に生まれた、広々とした1邸。
目を引くのはリビングの吹抜けに設けられた照明。ブラックの木格子に設置されたスポットライトは、吹抜けの開放感と、他にないプレミア感でお施主様の愉悦を加速します。
接客のための和室も、そのリビングに隣接。一度訪れたら、誰もに強い印象を残す住まいです。


景観の特等席を備えた住まい

四季折々、宮内庁管轄の美しい山林が見渡せる羨望の立地に誕生した1邸。
2Fベランダはまさにその景観を見渡す特等席です。
玄関吹抜けが住まう人のステータスを演出する他、リビング全体が見渡せるI型キッチン、意匠性の高い開口部分、レール型の照明など、HARU建築事務所のスピリットが余すこと無く込められた住まいとなりました。


白さが活きる住まい

立地、眺望、周辺環境は満たされたものの、インテリアで妥協を余儀なくされたお施主様のために、
大規模なマンションリフォームをさせていただきました。
オフホワイトで統一された室内は清潔感溢れる印象でお施主様のご希望通り。
いずれもお掃除のしやすい素材で、実用性も兼ね備えています。
今度こそ納得の行く住まいに仕上がった、というお施主様の満足気なお顔が忘れられません。


次世代の和モダンな住まい

すっきりした外観ながら、屋根はスレートではなく瓦葺きを採用。
モダンな琉球畳を活かした和室は照明にもひと工夫。昼も夜もゆとりを愉しむ空間に仕上がりました。
設備は上質を識る大人のカラーリングでお施主様の個性を存分に。
またとない近代的な住まいへと生まれ変わりました。


モダンなスクエアフォルムの住まい

モノトーンに塗り分けられた外壁と、エッジの効いたスクエアフォルムが印象的な外観。
ラウンド形状のカーポート屋根も、しっかりアクセントになっています。
敷地を巧みに活かして、近代的な1邸が誕生しました。


寒さに強いの住まい

結露に悩まされていたお住まいの1Fをすべて改築しました。
畳スペースに面したサッシは今年から結露知らず。リビングにも吸湿クロスを施工し、ナチュラルな調湿効果を実現しました。また、エントランスにも実用的なシューズクロークを設け、使い勝手の良い住まいへと生まれ変わりました。


ホビー&デザインが活きる住まい

まるで地中海の街にやってきたかのような、ホワイトとブルーのコントラストが印象的な内装。
キッチン周りにタイルを配し、その佇まいはまるでダイニングカフェ。
音楽好きのお施主様のために、レコードジャケットが映えるディスプレイスペースを設け、ちょっとしたDJブースとしても機能するリビングになっています。